MENU

SuRuRuは安全?成分効果と副作用危険度を徹底解析しました!

 

この記事ではSuRuRuの副作用危険度について徹底解析した結果をお伝えします。

 

全ての成分の効果と副作用危険度を一覧でまとめたので、除毛クリームスルルの安全性が気になる人はしっかりチェックしておきましょう!

 

成分名 効果 副作用危険度
チオグリコール酸カルシウム 毛を構成する成分の、ケラチンタンパク質のシスチン結合を切断するための還元剤としての働きがあります。
シア脂 中央アフリカ等に広く分布しているシアの種子から得られます。日焼けから肌を保護する働きがあります。
ダイズエキス 高濃度のイソフラボンを含んでいます。表皮の細胞活性化や、強いメラニン生成抑制効果があります。
シソエキス(1) 葉やその枝先から抽出するエキスで、保湿剤、消炎剤として配合してます。いくぶんか収斂効果もあります。
dl-α-トコフェロール ビタミンE誘導体の一種で、血行を良くして肌荒れを防止したり皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
d-δ-トコフェロール ビタミンE誘導体の一種で、血行を良くして肌荒れを防止したり皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。
天然ビタミンE 抗酸化作用があり、それ以外にもビタミンCと協力して、活性酸素と戦う効果を持っています。
1,3-ブチレングリコール グリセリンよりさっぱりした感触の保湿剤です。刺激も少なく防腐効果も期待できる成分です。
1,3-プロパンジオール 角層水分量増加による保湿作用用や、抗菌・防腐による製品安定化剤として使用されています。
1,2-ペンタンジオール 化粧品ベースとなる、ポリオール類の一種です。極めて低刺激で、サッパリ感があります。抗菌性に優れています。
ステアリルアルコール セタノール・ベへニルアルコールと並ぶ代表的な油剤で、感触改善目的で配合されています。
ポリオキシエチレンセチルエーテル ラウリルアルコールに酸化エチレンを付加重合した界面活性剤で、乳化剤、洗浄剤として用いられます。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル グリセリンのα位に2・エチレンヘキシルアルコールをエーテル結合させたもので、保湿性をもちます。
モノステアリン酸ポリエチレングリコール 水と油の間に入って水と油を混ざった状態にしておくことができる優れた乳化剤として使用されています。
パラフィン 石油原油を蒸留した残滓を十分に精製して得られる固体の飽和炭化水素で、感覚改良の働きがあります。
流動パラフィン 幅広い粘度グレードから、用途に応じた選択が可能で製品の純度が高い成分です。
水酸化カルシウム わずかに水に溶ける性質がありその水溶液を石灰水と言います。アルカリ剤、pH調整剤として使用されます。
水酸化ナトリウム アルカリ中和タイプの高分子と反応させて増粘させ、乳化の安定性を高めるために配合されています。
香料 香りをつける目的で使用される他に、微生物の繁殖を抑制する防腐剤にも使用されます。

 

副作用危険度:当サイトの指標で独自に判断

 

SuRuRuに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

SuRuRuには危険性の高い成分は使われていないので、肌への負担が気になる人も安心して使うことが出来るでしょう!

 

ただし、SuRuRuは顔やデリケートゾーンなどの敏感な部位には使えないのでご注意下さい…。

 

これはSuRuRuに限った話でありませんが、敏感な部位のムダ毛をケアしたい場合には、脱毛サロンなどを利用したほうが良いでしょう。

 

スルルを使って肌荒れしたという口コミはほとんど見つからなかったので、敏感肌の女性もSuRuRuを使ってムダ毛処理をしてみてはいかがでしょうか?

 

>>SuRuRuを使った私の口コミ